スキゾイドの恋愛事情 「会いたい」と言われるのはストレス?

スキゾイドは深い人付き合いが苦手です。

恋愛も、相手との精神的、身体的に密接な関係が求められるため向いていません。

恋愛経験がないために周りの人からイジられたり、心配された経験はありませんか? 僕も大学や会社の飲み会でしょっちゅうあります。受け流してはいますが、交際経験がないことに徐々に不安が募っています。

「じゃあ試しに交際してみよう」と付き合う人もいますが、相手との距離感が合わずに疲れてしまう。

そんなスキゾイドに恋愛はできるのか?

できるとしたらどんな人が合うのでしょうか?

結論から言いますと、スキゾイドは感情に過敏なので、普通の恋愛は精神的に疲れてしまい長続きしません。しかし、交際相手と適切な距離感を取れれば、恋愛を楽しめるようです。

今回は、twitterで交際経験についてのアンケートを取り、スキゾイド研究会で恋愛体験を募集しました。22人の体験談を基に4つの共通点を見つけました。

・相手から告白されて付き合うことが多い
・普通の恋愛は疲労してしまう
・距離感が合えば疲れない
・恋愛に憧れはある
Point

詳しく見ていきましょう。

スキゾイドの恋愛経験はどれくらい?

twitterで交際経験があるのかアンケートを取ってみました。

恋愛体験を集める前に、どれだけ付き合った人がいるのか知っておきたかったからです。

「ある」「ない」でちょうど半分ずつになりました。

男女を分けるとこんな感じです。女性は男性より「交際経験なし」が少ないですね。女性の方が言い寄られることが多いので納得です。

ちなみに日本人の「交際経験なし」の平均はこんな感じです。(既婚者は「交際経験あり」に含めました)

学術的にしっかりしたアンケートではありませんが、「スキゾイドの交際経験は日本人の平均より低い傾向にある」とは言えるでしょう。

あなたの想像と比べてどうでしたか?

もしかすると、「スキゾイドは恋愛は興味なさそうなのに、半分も付き合ったことがあるんだな」と意外に思った方もいるでしょう。

僕はほぼ予想通りでした。なぜなら、スキゾイドも、恋愛への欲求があると想定していたからです。それは、性欲や承認欲求ではなく、世間体や危機感に近いようですが。

スキゾイドの恋愛に関する4つの共通点

アンケートで交際経験の有無を調べたので、次はいよいよ恋愛体験です。スキゾイド研究会で「スキゾイドは恋愛できるか」というテーマで体験談を募集しました。

そして、22人の方の話から4つの共通点を見つけました。

・相手から告白されて付き合うことが多い
・普通の恋愛は疲労してしまう
・距離感が合えば疲れない
・恋愛に憧れはある
Point

それぞれを見ていきましょう。

相手から告白されて付き合う

スキゾイドは、相手が好意を寄せてきて付き合うパターンが多いですね。特に女性のスキゾイドは、大人しくて、仮面の性格で無難に会話できるのなら、かなりモテそうです。

恋愛感情はよく分からないけど、嫌いではないので一応付き合ってみた。「付き合えば好きになっていく」なんて言葉を信じてみた。興味はないけど恋愛も経験しておこう。付き合った理由は大体こんな感じです。

とはいえ、スキゾイドに限らず、一般的な交際の始まりもこんなものでしょう。普通は、一緒に過ごしていくうちに心を許せるようになり、愛情が芽生えていきます。

しかし、スキゾイドはそうはなりません。親密な付き合いが精神的に負担になるからです。

普通の恋愛では疲労してしまう

スキゾイドにとって一般的な恋愛はストレスです。ほぼ毎日連絡を取って、週に1回はデートをして、セックスして、「愛してる」と言い合う関係は、精神がすり減ってしまいます。

また、スキゾイドは感情表現が少ないので、交際相手は、本当に愛されているのか不安になってしまいます。相手のために無理やり愛情を表現すると消耗してしまい、ますます恋愛が辛くなるという負の連鎖です。

交際相手の「会いたい」という気持ちに上手く応えられないことで、罪悪感やストレスを溜めてしまいます。

距離感が合えば疲れない

スキゾイドは普通の恋愛だと疲弊します。しかし、距離感が合う人とならば、疲れずに恋愛を楽しめるようです。

上手くいっている例では、交際相手も人付き合いへの関心が薄かったり、ベタベタするタイプではありません。

理想的な連絡・会う頻度を聞いてみたところ、連絡は4,5日に1回、会うのは月に1回程度で十分なようです。他にも「月に2,3回会えれば良い」、「遠距離で、月に1回連絡するかどうか」なんてコメントもありました。

傍から見れば付き合っているのか分からないくらいの浅い関係が理想です。ベタベタする恋愛は無理でしょう。

交際相手も、そんな関係で不安にならない人である必要があります。

相手がスキゾイド気質なら、お互いによい距離感を保てるので理想でしょう。スキゾイドでなくても、あなたの気質をちゃんと理解してくれる人であれば長続きします。

もし、自分の気質を完全に理解してくれる人に会えたら、いわゆるラブラブな関係になれるかもしれません。大事なのは「疲れているから会いたくない」と自分の本心を素直に言える関係です。

「スキゾイドなのに親密な関係になれるのか?」と疑問に思った方もいるでしょう。

ですが、スキゾイドは、潜在的には人間関係を望んでいるので、ありえる話です。

恋愛したいと思っている

人間関係が苦手、恋愛はよく分からない、一人でも寂しくない、そんなスキゾイドですが、意外に恋愛をしてみたいという意見は多いです。

研究会でも「試しに交際してみるか」という人や、「交際経験はないけど憧れはある」という人が結構いました。

ただ、普通の人が憧れる、ドラマのような熱愛や、愛されたいという感情とは違います。スキゾイドが恋愛したい気持ちは、感情の観察と危機感にあると考えています。

あとひとつ、本心ではちょっとだけ親密な交流を望んでいるかもしれません。

感情の観察

スキゾイドは自分の感情を客観的に評価しがちです。また、自分が外部の出来事に左右されにくいことを自覚しています。

そのため、恋愛を通して自分の感情がどう変わるのか、世間一般で騒がれている恋愛というものがどういうパワーを秘めているのかを、自身で体験してみたいという動機が強くなります。

研究会でも、恋愛を「人の感情を理解するための社会科見学」と例えている方がいて、ちょっと共感してしまいました。

恋愛を「自分を理解するための実験の一つ」として捉えているのです。

危機感

2つ目は世間体に対する不安や危機感です。

多少弱まったものの、世間では未だに、「交際経験がない=変な人」という認識があります。そのため、一応恋愛を経験しておいて、変な人とは思われないようにしようという思考が働きます。

世間話で恋愛の話題になることは多いので、そこでの話の合わせられると安心します。スキゾイドが世間体を気にするというと変ですが、要は悪目立ちしたくない、世間の平均に溶け込みたいのです。

僕は交際経験がないので、その手の話題の時は、何を話さばよいのか分からず苦労します。なんとなく僕に気を遣っている気配もあるのでやりづらいです。

彼女はいないと言えば、「気になってる娘はいないのか」、「思い切って声を掛けてみろ」だの、みんな誰かと付き合いたいと思っている前提で話が進むので、非常に面倒くさいです。

「彼女がいる」と言えれば、適当に話を流せるようになるのかなーという憧れがあります。

ゲームで例えると「恋愛経験あり」という実績解除をしたい感じですね。こいつは彼女がいるからそこまで変なやつじゃない、という信頼を得たいのです。

本心では深い関係を築きたい

自覚がない人も多いですが、スキゾイドも無意識レベルでは人付き合いを望んでいます。

誰でも「人と仲良くないたい」という感情を持っていますが、スキゾイドは仲良くなりたい欲求より、心に侵入される不安が強いために、本心が分からなくなっているのです。

詳しくはこちらの記事をどうぞ

スキゾイドは人との交流に興味がなく、人間に関わること自体がストレスです。なので、人間社会から離れて一人静かに暮すのが一番良いと言われ...

研究会でも「恋愛への憧れ」という言葉がよく見られました。この「憧れ」がどこまでを示すのかは難しいですが、親密な関係までを含んでいてもおかしくはありません。

僕も、ベタベタな熱愛までは望んでいませんが、お互いに自分の本心を晒して付き合える信頼関係に憧れはあります。

スキゾイドが恋愛をしようと思うのは、「本当の自分を理解して欲しい」という欲求が暗に反映されているからかもしれません。

まとめ

スキゾイドは交際経験が平均よりは少ないものの、極端にない訳ではありません。

言い寄られて付き合ったり、危機感から付き合うことが多いからです。また、親密な関係への憧れも関係してそうです。

研究会で恋愛体験について聞いた結果、4つの特徴が分かりました。

・相手から告白されて付き合う
・普通の恋愛では疲労してしまう
・距離感が合えば疲れない
・恋愛したいとは思っているPoint

スキゾイドが恋愛を楽しむには、交際相手と距離感を共有する必要があります。交際相手もスキゾイドなら自然と良い距離感を保てそうですね。もちろん、理解が得られればスキゾイド気質である必要はありません。

もし、あなたが交際を考えているならば、相手と「会いたい・連絡したい頻度」が合っているのかを第一に考えてみると良いかもしれません。

ここまでお読みくださりありがとうございました。

研究会はこちら