人付き合いが疲れるなら減らせばいい! 健康に生きる3つの方法

人付き合いは疲れますよね。

特に僕みたいなスキゾイド気質は、人との交流で元気になるどころか失ってしまいます。

世の中には人と交流すると元気になれる人、疲れる人の2種類が存在します。疲れる人が無理に人付き合いをすると体調を崩してしまいます。

僕も中学・高校生の時、人と関わるストレスは相当で、よく熱を出して休み、半年ごとに虫歯ができる有り様でした。

あなたは「ぼっちは寂しいからダメ」「友達を作って遊ぶのが良いことだ!」という世間の風潮に流されていませんか?

「絶対に人付き合いしないといけないんだ!」という強迫観念に囚われてはいませんか?

思い切って人間関係を減らせば、健康的で楽しい生活が送れるかもしれません。

スキゾイドについてはこちら

人付き合いを減らすべき3つの理由

人とのコミュニケーションは大事です。多くの人はコミュニケーションを通して元気をもらい、自信に満ち、人生を楽しみます。友人を通して新しい趣味や仕事を得られるかもしれません。

人付き合いを心から楽しめ、疲れるどころか元気を貰える人たちは、どんどんコミュニケーションを増やすべきです。

しかし、一部の人間は違います。人付き合いが疲れる人はコミュニケーションを減らすべきです。理由は3つあります。

1、人付き合いのストレスが減って健康になれる。

2、疲れる性格は治せないので、諦めて減らした方が気楽。

3、友達と遊ぶよりぼっちの方が楽しい。

ストレスが減って健康になる

スキゾイドにとって人付き合いはストレスです。ストレスを減らせば健康になる。当たり前ですね。

僕にとって学校はものすごいストレスで、しょちゅう体調を崩していました。気の合わないやつでもずっと同じ教室で過ごさなければいけませんし、「ちょっと一人にさせて」なんて不可能です。

そんなやつらが隣でガヤガヤ話していたり、時々ちょっかい掛けてきます。毎日人付き合いにエネルギーが吸い取られて、無気力な人間として生きていました。

その時「自分は病弱なんだな」と思っていたのですが、大学に入ってからは至って健康でした。

大学では特定の人間と関わる必要がなく、サークルも嫌なら抜ければいいだけ、ぼっちでも十分生きていけます。一人の時間が長いと段々気力が湧いてきて、ポーカーや株に挑戦したりと充実した日々を過ごしていました。

その時やっと、「僕は病弱なんじゃなくて人間関係のストレスが溜まりやすいだけなんだ」と気が付きました。

できるだけ人付き合いを減らせばストレスがなくなります。その分健康的でやる気に満ちた生活ができます。

たまに「休日は引きこもってる」なんて言うと「不健康だ!」という人がいます。しかし、ぼっちと不健康は全く関係ありません。

引きこもっているのが不健康なら運動すれば良いだけです。週2回、ひとりでジムに行ってトレーニングしましょう。

むしろ飲み会でアルコールを過剰摂取したり、徹夜でカラオケや麻雀する方がよっぽど不健康です。

性格は治らない

人付き合いでストレスが溜まらないように治す方法はあるのでしょうか?

スキゾイドは性格です。社会に合わせて矯正はできますが、完全には治せません。

「人付き合いが疲れるのは頑張れば治せる!」なんて発言をするおっさんやリア充達がいます。しかし彼らは「人付き合いが好きで疲れない性格」だから疲れないだけです。努力でもなんでもありません。

逆に彼らが「誰にも会わずにずっと部屋に引きこもる」のは孤独感で耐えられないはずです。でも誰も「孤独が寂しいのは頑張りが足りないからだ」なんて言いません。

僕らがぼっちでいられるのはそういった性格だからです。頑張って一人でいるわけではありません。

無理して人間関係を築いても、慣れて疲れにくくはなりますが、「人付き合いが疲れる性格」を治すのは不可能です。

だったら自分の性格に合わせて人付き合いを減らした方が簡単です。

ぼっちは楽しい

あなたはひとりぼっちの楽しさに蓋をしていませんか?

孤独だろうと楽しいものは楽しいのです。世間に流されず、自分が本当に楽しい時間を噛みしめましょう。

もしあなたが「友達と遊ぶのは楽しいことだ」と思っているのなら、それが本心なのか、社会の価値観のせいで思い込んでいるだけなのか自問してみてください。

「友達と遊ぶのが楽しくあるべきで、ぼっちは楽しんではいけない」という「~すべき」な感覚に陥ってないでしょうか?

そんな価値観、そこの窓からぶん投げてください。

ぼっちが楽しい人は、一人になることでストレスのない生活ができます。

休日は友達とバーベキューや飲みになんて行かず、引きこもって面白い本を沢山読んだり、バイクで北海道一周したり、ひたすらゲームをやりこんだり、そんな充実した時間を過ごしましょう。

もちろん人との交流を全て否定はしません。僕だってたまには(2ヶ月に1回くらい)友達と遊ぶと楽しいです。

バランスの問題です。「人付き合い:ぼっち」の比率で「9:1」くらいが刺激に溢れて楽しい人もいれば、「1:9」が一番疲れなくて気楽だという人もいます。

自分が一番楽しめる人付き合いの量を見極めましょう。今より少なくていいと感じたら減らすべきです。

人付き合いを避ける3つの方法

人付き合いを減らせと言われても、そう簡単にはいきません。学校や会社で必ず話さないといけない場面は存在します。それを踏まえて人間関係を減らすには工夫が必要です。

ここでは僕が今までで得た人付き合い回避法を3つご紹介します。

徐々に本性を現す

学校や会社やアルバイトなど、新しい環境に入っていきなり全てのコミュニケーションを遮断するのは危険です。気味の悪い存在として、必要な交流もさせてもらえず学業や仕事に支障をきたします。

必要な情報交換はして、意味のない交流はしないのが理想ですよね。

そのためには、最初は礼儀正しく社交的な人物を演じるのがよいでしょう。

礼儀は普通のマナーが守れている程度でOKです。

・相手に聞こえる声量で「おはようございます」「お疲れ様です」と言える

・何かしてもらったら「ありがとうございます」と言える

・図々しい態度で接していない

この辺りができていれば大丈夫でしょう。

社交的は、普通に笑顔で挨拶して雑談ができるレベルです。普通の雑談も疲れると思いますが、ちょっとだけ頑張りましょう。

新しい環境なら相手の出身、趣味など色々聞きやすいでしょう。会社や学校の軽い愚痴で共感も狙えます。

この時期に「休日は家でゴロゴロしてるよー」など、ぼっちアピールをすると今後の展開が楽になります。

1ヶ月くらいしたら徐々に気を抜きましょう。

自分から話しかける回数を減らして、話しかけられても会話を続けようとしないで雑に対応します。挨拶などの礼儀は笑顔で継続しましょう。

そのうち、「挨拶もするし仕事の話も普通にするけど、雑談とか飲みに行ったりはしない」という絶妙なポジションに収まります。

ポイントは最初は社交的に話して相手に安心感を与えることです。

すでに話した人物が寡黙になるのと、ほとんど話していない人物が寡黙なのでは安心感が全く違います。

また、会話でぼっちアピールしておけば、飲み会などで「〇〇さん全然話さなくなったねー」「そういえば休日は引きこもってるって言ってたし話すの苦手なんじゃない?」みたいにフォローしてくれます。

無意味な雑談や飲み会を削って、疲れを減少させましょう。

一人暮らしする

一人暮らしは本当に楽です。

家族との交流も疲れる原因です。ずっと一緒に住んでいるので実感できないかもしれませんが、一人暮らしするとその差を痛感します。

毎日、朝と夜の4、5時間ほど親や兄弟と会話するのはストレスです。休日も同じ空間に誰かがいるのでは休まりません。

自主的に人間関係を切るのではなく、一人暮らしするから減ってしまうのです。人間関係を切るのが苦手な人でも罪悪感なく人付き合いを減らせます。

これから大学受験のあなたはちょっと遠くの大学を狙ってみるのも良いでしょう。就活生なら配属先が遠そうな企業を選ぶのも手です。

実家から会社に通える距離だとしても、無理やり一人暮らしするべきです。東京なら家賃が6,7万円掛かってしまうかもしれません。しかし、一人暮らしによるストレス削減は7万円以上の価値があるでしょう。

身分相応なコミュニティを選ぶ

あなたは無理してリア充のいるコミュニティに入っていませんか?

学部、サークル、アルバイト、就職先など、僕らはどこかのコミュニティに所属しなければなりません。新しい世界に入ると興奮が勝ってしまい、つい背伸びをしたコミュニティに入ってしまいます。

起業したいから経営学部に入ろう、テニサーで彼女を作ろう、アルバイトはコミュ力を付けるために居酒屋にしようなんて思ったことはありませんか? 1ヶ月もすれば彼らの異常なコミュ力に押しつぶされるでしょう。そうなる前に身分相応のコミュニティに属しましょう。

僕は中学高校では卓球部に入っていました。卓球部と聞くとオタクが多そうなイメージですが、僕のところは普通にリア充が多かったです。部活終わりにフットサルをやるとか、出会い系やるとか、全然ついていけませんでした。

大学では文化系のサークルに入りました。オタクばかりの平和な空間です。無理して話を合わす必要もなく、無言でぼーっとしていても変人扱いされず、非常に気楽に生きられました。

就活でもオタクの多い(というよりリア充の少ない)IT業界を探しました。IT業界は人付き合いが悪くても、同じような人が多いので浮きません。

今のところ最低限のコミュニケーションでなんとか生きています。

物静かな人達と一緒にいれば、あなたも会話しなくて済みます。積極的に人付き合いの少ないコミュニティを選択しましょう。

まとめ

人付き合いが疲れるあなたはコミュニケーションを減らしましょう。なぜなら・・・

・人付き合いを減らすと健康になれるから。

・疲れる性格は治らないので開き直った方が楽だから。

・多くの時間ぼっちライフを楽しめるから。

人付き合いを減らすには、

・最初は社交的に、自然と会話を少なくしよう。

・一人暮らししよう。

・身分相応な(オタクな)コミュニティに入ろう。

思い切って人付き合いを減らしてみてください。

きっと健康的で充実した生活になりますよ。

ここまでお読みくださりありがとうございました。